消費増税。

この間どこぞの大企業の社長が日本政府に対して提言を出していました。
内容はまたかよというしかない、消費増税せよという物でした。
借金まみれなので増税がいるという考え方自体は否定する物ではありませんが、なぜ増税というと消費税だけに限定するのか、頭が一方向に固定されているとしか思えません。
こういう人たちに限って自分は正しいと思い込んでいるので、何を言っても受け付けず、意見が却下されればふてくされてしまいます。
本気で財政再建がしたくて、無軌道な消費増税が最善と思っているとしても、それが却下された場合やるべきことはふてくされることではなく、次善の策を提示することでしょう。
にもかかわらず、増税派の人たちは一つの案だけを出し、それをやらないなら子孫のことを考えていない悪人であり、もう知らないと言い出すのです。
彼らが潔く地位を捨てて隠居するなら、代わりの人間が出てくるのでふてくされるなり何なりしていてもかまわないのですが、社会を先導する立場を捨てず、ただその場に不機嫌に座り込んでほかの選択肢の邪魔をするので始末におえません。
うがった見方をすれば、ああいう人たちは金持ちなので、ピケティの話が流行って所得税の累進性を上げられるのを危惧し、増税=消費増税という形を作ろうと必死なのではないかとさえ思えます。
過払い金請求の条件

彼らの本音はどういうものなのでしょうか。
本当の本当に、消費増税だけが財政再建への道と思っているのでしょうか。
きっとその答えは本人たちにしか分かりません。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。