第一類医薬品の通販は結構ややこしい場合もある

2014年から一般医薬品のネット通販が解禁されました。
それまでも一部の医薬品はネット通販で購入できましたが、第一類~第三類まである一般医薬品が
通販で購入できるようになるということで注目度も高かったですね。
しかし、医薬品をネット通販で販売するためにはなかなか厳しいルールがあります。
例えば、販売店側で言えばネット店舗のみはNGで実店舗がなければネット販売はできません。
そして、実店舗がある場合でも広さや照明の明るさなど細かいルールが存在します。
ネット店舗にも同様の厳しい審査がかされるので生半可にはネット販売ができません。
あのAmazonですら最近になってようやく第一類医薬品の取扱いを開始したほどですからね。
購入する側としてはハードルの高さはあまり関係ないかもしれませんが、一般医薬品でも
第一類医薬品のネット通販をする時は多少面倒なことが多いようです。

参考記事:トリキュラー21の通販

自分はまだ第一類医薬品をネット通販で購入した経験はありませんが、知り合いに聞いたところ、
Amazonや楽天で購入しても、医薬品以外の商品のように当日や次の日に届かないそうです。
なんでも購入する時に健康状態のアンケートのようなものに答える必要があるらしく、
その内容によっては薬剤師の資格を持つ人から電話がかかってきて質問に答えてそれで
OKが出てようやく注文した医薬品が発送されるみたいなんですね。
それだったら近くの薬局に行ったほうが早いような気もします。
ただ第一類医薬品の中でもリアップみたいな薬局では購入しにくいものはネット通販でもアリかなと思いますね。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。