レビトラが製造中止になった理由は?

レビトラが製造中止になってもうすぐ1年が経とうとするタイミングで
ようやくレビトラの販売再開が発表されましたね。

レビトラを製造しているバイエル社のコメントでは、レバークーゼンにある工場の
改修工事を行ったためという説明のみで具体的な理由については明かされていませんでしたが、
偶然見つけた週刊実話の記事によるとどうやらアメリカが関係しているみたいですね。

アメリカと言えば、トヨタが世界の売上1位になった翌年に急発進問題を指摘して
大規模なリコールを行う羽目になったことが大々的に報道されました。
これはよくアメリカの思惑と言われていますが、今回のレビトラショックも
どうやらアメリカが絡んでいるとかいないとか・・・。

アメリカのある機関がレビトラの錠剤に他の薬の成分が混ざっていたことを
指摘した結果バイエル社は工場の大規模な改修工事をしなければいけなくなったそうです。
ただ、同じ工場で複数の医薬品を製造している場合、ごく僅かに空気中に舞った成分などが
意図せずに混入してしまうケースはよくあることみたいなんですね。

アメリカと言えば世界的にも有名なバイアグラを製造しているファイザーがあります。
ただED治療薬はどんどんバイアグラよりも副作用の少ないレビトラやシアリスなどに
シェアを奪われているからなんて話もあるそうです。

本当の理由はわかりませんが、この話が本当だとしたら普通にレビトラを普段から
使っているユーザーにとってはいい迷惑でしたね。

参考:レビトラジェネリックを通販で買う前に読んでおきたいサイト

カテゴリー: 日記 パーマリンク